【因幡の白兎】

 

大国主大神の神話で有名な話しに「因幡の白兎」があります。

 

隠岐の島に住んでいた白兎は、海を渡りたいと思っていたところ、ワニ(サメ)がいたのでワニたちを騙して海を渡ることを思いつきました。

自分たちの仲間とワニの仲間とどちらが多いか比べてみようと誘って、ワニたちを海に並べさせて、ワニたちの背中の上を数を数えながら向こう岸に渡っていました。

 

渡りきろうとしていたところ、騙されたことに気がついたワニが怒って、白兎の毛皮を剥いでしまいました。

 

その頃、出雲大社のご祭神「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」は、その兄達「八十神(やそがみ)」とともに、絶世の美女と言われた「八上比売(やがみひめ)」を嫁にしようと、出雲の国から因幡の国へと向かっていました。

大国主大神は、八十神から重たい荷物を持たされていたので、一番後ろを歩いていました。

 

先に歩いていた八十神は、皮を剥がれて泣いている白兎を見つけると、「海水を浴びて風に当たるとよい」と意地悪な嘘をつきました。

 

白兎は言われた通りにしたところ、乾いてきたらヒリヒリと痛みが増してしまいました。

 

そこへ大国主大神が事情を尋ねたところ、

白兎は「あなたの兄たちにいじわるされて痛い目にあいました」と答えました。

大国主大神は「真水で体を洗い、蒲の花をつんできて、その上に寝転がると治るよ」と教えてあげました。

白兎は、大国主大神の言うとおりにしたところ傷を治すことができました。

 

白兎はそのお礼に、八上比売と大国主大神の仲をとりもってあげて、二人が夫婦になれたという物語です。

宍道湖のうさぎ

【縁結びが叶う白兎と日本一の夕日】

宍道湖畔にある島根県立美術館の庭園には、ブロンズ像の「宍道湖うさぎ」が12羽あります。

宍道湖畔から2番目のうさぎに西を向きながら触れると、幸せが訪れると言われています。

さらにシジミを供えるとパワーアップするそうです。

私が訪れた夕方5時半頃でも、縁結びを願う女性たちが触れていました。

 

ちなみに、ここの庭園から眺める宍道湖の夕日は日本一の美しさと言われています。

【町田・神奈川の結婚相談所・良縁コンシェルジュ町田】

押しつけない、丁寧なサポートで定評です♪

東京都町田市原町田2-6-11古川ビル3階

電話042-814-5435

無料相談専用受付フォームはこちらからどうぞ